メンタルヘルスを正しく理解するためのビデオ教材で、こころの健康が向上することを期待しています。

About

「メンタルヘルス・プロモーション 学校精神保健のための教材集」(以下、「当サイト」という。)は、こころの健康や病気(精神疾患)を正しく理解するためのビデオ教材を掲載しています。このビデオ教材の視聴者は、学校教育関係者、中学生・高校生・大学生や、そのご家族の方を想定しています。例えば、学校の先生は、授業や指導の中でこのビデオ教材を活用することができます。当サイトは、東京大学、国立精神神経医療研究センターの若手研究者が運営している「根拠に基づくアンチスティグマ活動研究会」 (http://plaza.umin.ac.jp/~UTIDAHM/ishigaki-koike/mental-health/) による研究成果に基づいて、若い当事者の方に協力をお願いし、若い人に共感を得やすいインタビュー動画を中心に掲載しました。平成30年3月に開設し、よりわかりやすく、内容も充実するよう、改善拡充を続けています。

使用許諾・リンク・転載について

当サイトのコンテンツは学校での授業・講義等、非営利の目的であれば自由に使用することができます。トップページはリンクフリーです、動画等を直接リンクして転載することはお控えください。

ウェブサイト以外のコンテンツ利用について

使用環境のため、インターネットに接続できない、パソコン・タブレット端末が使用できない等がありましたら、DVDを送付しますのでご利用ください。お問い合わせフォームに、「機関名、担当者名、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス等)、使用目的(簡単でよいです)、この内容を知ったきっかけ」を記入してご連絡ください。

免責事項

当サイトでは、体験者の発言内容を改変せず、見やすい形に時間を短くするなどして、若い人に理解しやすいように編集しました。ご紹介する内容は、あくまでも一個人としての経験や考え方であり、必ずしもその時点における標準的な治療法等と一致するとは限りません。また同種の治療を受けた方でも、その有効性や副作用等には個人差が生じえます。さらに、収録時に語られた思いや経験は、必ずしもその方の直近の考えや状況を保証するものではありません。また、付属するこころの授業例は、現在ある科学的根拠に基づいて制作し、学校関係者のフィードバックを取り入れて改良していったものですが、学校の置かれた現状や生徒・学生・教員の前提知識、理解力などをすべて踏まえたものではありません。各学校で現状に合うように改訂し、フィードバックをいただければ大変助かります。
これらを十分にご理解いただいたうえで、利用者の責任においてコンテンツをご覧いただきますようお願いいたします。 個々の利用者の治療上の問題について、「根拠に基づくアンチスティグマ活動研究会」はいかなる責任も負うものではありません。

引用文献について

本研究に関係する学術論文は以下の通りです。研究目的で当サイトをご利用になる場合に、引用いただければ幸いです。

  • 1. Koike S, Yamaguchi S, Ojio Y, Ohta K, Shimada T, Watanabe K, Thornicroft G, Ando S: A randomized controlled trial of repeated filmed social contact on reducing mental illness related stigma in young adults. Epidemiol Psychiatr Sci 2018;27(2):199-208.
  • 2. Koike S, Yamaguchi S, Ojio Y, Ando S: Social distance toward people with schizophrenia is associated with favorable understanding and negative stereotype. Psychiatry Res 2018;261:264-8.
  • 3. Ando S, Yamaguchi S, Aoki Y, Thornicroft G. A review of mental health-related stigma in Japan. Psychiatry Clin Neurosci 2013;67(7):471-82.
  • 4. Yamaguchi S, Wu S-I, Biswas M, Yate M, Aoki Y, Barley EA, Thornicroft G: Effects of short-term interventions to reduce mental health-related stigma in university or college students: a systematic review. J Nerv Ment Dis 2013;201(6):490-503.
  • 5. Yamaguchi S, Mino Y, Uddin S: Strategies and future attempts to reduce stigmatization and increase awareness of mental health problems among young people: a narrative review of educational interventions. Psychiatry Clin Neurosci 2011;65(5):405-15.
  • 6. 金田渉, 小池進介: 学校精神保健・予防. 医学のあゆみ 2017;261(10):1001-6.
  • 7. 小池進介, 山口創生, 小塩靖崇, 安藤俊太郎: 教育における情報リテラシー. 精神科治療学 2016;31(増刊号):355-60.
  • 8. 小池進介, 市川絵梨子: 【社会の中の統合失調症】 学校教育(高校・大学におけるメンタルヘルス教育). 統合失調症第5巻. 石御岡純, 後藤雅博,水野雅文, 福田正人編 医薬ジャーナル社. 2013:53-60.
  • 9. 小池進介, 大島紀人, 渡辺慶一郎, 笠井清登: 【これからの地域精神保健:大震災の経験から学ぶ】 (第5章)生活に根差した精神保健活動 学校メンタルヘルス. 精神科臨床サービス 2012;12(2):240-2.